「おもちゃ」の輸入に注意

輸入品の日本への輸入規制については何度か記事にしましたが、
意外と見落としがちな商品もあるので再度記事にします。

輸入の規制というと、まず初めに思い浮かぶのはブランド品の偽物や
アニメ関連グッズなどの許可を得ていない商品でしょう。

これらは明確に怪しいとわかるので仕入をしないと決めている人も多いと思います。

 

次に電気関連のPSE関連の商品です。
こちらも、コンセントの電源を利用する商品は該当しますので
わかりやすいと思います。

意外と盲点なのが、おもちゃです。

 

乳児や幼児向けの低年齢層向けのおもちゃについては
誤って口に入れてしまっても大丈夫なように食品衛生法の規制があります。

食品衛生法の規制については、商品のパッケージへの適用年齢の記載(〇才以上)などや
通関の基準となるHSコードを指定しておくことで回避できる場合もありますが、
事前に税関等に確認するのが確実です。

 

代行業者を通じて、アリババなどで購入する場合は、
お店側も中国国内で流通する品質の商品を販売していることも多いので
日本の食品衛生法などの基準を満たさないこともあるかもしれません。

また、基準を満たしていた場合でも検査となった場合には費用が発生します。
取り扱っている商品が、食品衛生法に関連する商品かどうか
不安な場合は、税関に確認するのが確実です。

何度か税関へ問い合わせをしましたが、毎回丁寧に教えていただけています。

 

参考資料
JETRO 玩具類の輸入手続き
https://www.jetro.go.jp/world/qa/04M-010793.html

税関WEBサイト 輸出入通関手続等に関する「お問い合わせ・ご相談」
http://www.customs.go.jp/question2.htm

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

質問・コメントお待ちしています

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

渋谷イーウーパスポート中国輸入アドバイザー

投稿者プロフィール

中国輸入ビジネス歴3年。Amazon、楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、Qoo10、メルカリなど様々な販路で販売。
貿易実務や輸入雑貨卸、システム開発等の経験を活かして中国輸入ビジネスに取り組んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

こちらも読まれています

  1. ショップごとの損益計算

    いつも勉強させて頂き、ありがとうございます。 私はAmazon販売で月商130万円前後まで来ま…
  2. ビジネスは継続が大切

    中国輸入ビジネスの販売先としてメルカリがありますが、 今後、ビジネスとして販売していくにはますます…
  3. PL保険(製造物損害賠償責任保険)の保険料

    以前先生のメールにありました”PL保険”についてです。 気にはなっていたのですが、他の方に頭が行っ…
  1. 私が勤めている会社(銀行)はとても就業規則が厳しいのですが、やはり自分の名前、住所等を表記しないと、…
  2. 中国輸入ビジネスにで必要な輸入の知識について 日本ではいろいろな輸入規制がありますが、規制の対…
  3. 現在中国輸入を始めて1年程になります。 販路はまだアマゾンのみでこれから販路拡大等も行う予定です。…
  4. こちらの「Amazonのレビューを増やす効果的な方法」の内容につきまして、一つ質問があります。 …
  5. メルカリでの販売をビジネスとして継続していくのは難しくなりました。 ツールの販売者には販売中止…
  6. こんにちは。 いつも貴重な情報をありがとうございます。 早速で恐縮ですが、質問です。 …
  7. 中国輸入ビジネスで、輸入した商品をどこで販売するかは 非常に重要です。 前回は、アマゾンが良…
  8. 中国輸入ビジネスの教科書は初心者の自分としては大変参考になりました^^ 「セット販売の簡易な独…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る