アマゾンでの無地ダンボールの利用可能な倉庫が増えました

アマゾンのFBA倉庫の活用は受注、出荷作業が軽減されて便利ですね。
手間がかからず、副業でも中国輸入ビジネスが簡単に行えます。

FBA倉庫に納入しておくと在庫の保管や、受注、発送まで可能になるので、
中国からFBA倉庫へ直接送ってしまえば商品を見ることもなく販売することさえ可能です。

また、マルチチャネルサービスを利用することで、楽天やヤフーショッピング等の他のECサイトで受注した商品にも対応します。
マルチチャネルサービスの利用で困ることが、アマゾンのロゴが入った段ボールで
配送されることでお客様から問い合わせやクレームがあることでした。

一部のFBA倉庫では、アマゾンのロゴの無い無地ダンボールを使用することができます。

無地ダンボールを利用することができるFBA倉庫は、
小田原(FSZ1)、川島(HND3)、大東(KIX2)、川越(NRT5) の4カ所だけでしたが、
2017年6月から、新たに5箇所のFBA倉庫が追加となりました。
八千代(NRT2)、市川(NRT1)、堺(KIX1)、多治見(NGO2)、鳥栖(HSG1)
無地ダンボール対応のFBA倉庫が増えることは、他のECサイトで販売されているかたには良い変更ですね。

しかしながら、今まで納品先FBA倉庫の固定のために、
無地ダンボールを使用にしていたセラーには悩ましいところです。

無地ダンボール対応倉庫が増えてしまったので、有償の納品先の固定オプションを利用するしかなくなりました。
他の販路でも販売しているセラーは無地ダンボールの利用を検討してみてください。
利用には、テクニカルサポートへの申請が必要です。

参考URL

FBAマルチチャネルサービス 無地ダンボールでの出荷対応と納品書について
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/help.html/?itemID=200799620&ref_=xx_200799620_a_r0_cont_sgsearch

 

納品先指定オプション
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/help.html/?itemID=200735910&ref_=xx_200735910_a_r10_cont_sgsearch

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

渋谷イーウーパスポート中国輸入アドバイザー

投稿者プロフィール

中国輸入ビジネス歴3年。Amazon、楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、Qoo10、メルカリなど様々な販路で販売。
貿易実務や輸入雑貨卸、システム開発等の経験を活かして中国輸入ビジネスに取り組んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. Amazonの長期在庫保管料について

    長期在庫保管手数料の案内が届いていると思います。 以下アマゾンからの引用です。 重要: 20…
  2. アマゾンのディスプレイ広告の終了

    カートボックスの下に、表示されている広告があります。 すべてのセラーが使えたわけではないので、利用…

ピックアップ記事

  1. 中国輸入ビジネスの販売先としてメルカリがありますが、 今後、ビジネスとして販売していくにはますます…
  2. 「中国輸入ビジネスの教科書【入門編】」は、 まったく初めての方でも理解が深められるよう 実際の画…
  3. 【売れ筋オリジナル商品がノーブランド品にされてしまう】にて、 >「「あくまでも自社が製造メー…
  4. メルカリが12月に大幅な仕様変更を行い、タイムラインに表示されない、検索されない といった状況にな…
  5. 「アリババ」や「タオパオ」 画像はどうすれば保存できますか? 加工ソフトにドラッグでコピー貼…
  6. はじめまして。中国輸入に興味を持ち、教科書をダウンロードし、勉強させていただいております。 下…
  7. アマゾンの商品画像はどうされていますか? 2016年9月29日に、アマゾンから商品画像の基準を…
  8. 「アマゾンアカウントを複数運営しようと考えておりますが」について Amazonの複数アカウント…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る