アマゾンの出品ルールの再確認(商品画像)

アマゾンへの出品で、既存カタログへの相乗り出品ではなく、
易OEMなどをして新規商品カタログを作成して出品するセラーも増えています。

アマゾンで相乗り出品する場合は非常に簡単で、
画像も商品説明文も用意する必要がありませんでしたが、
新規に商品カタログを作成するとなるとわかりづらいところもでてきます。

簡易OEMなどで新規カタログを作成して
初めて新規商品カタログを作成して出品しようとする
ときに必要となる情報をまとめてみます。

今回は商品画像について確認したいと思います。

■商品のメイン画像の規則 

メイン画像

  • フォーマット:JPEG(.jpg), GIF(.gif),PNG(.png) 形式
    ※アップロード後はJPEGに変換されます
  • サイズ 最小:縦横のどちらかの長い辺が500ピクセル
    最大:縦横のどちらかの長い辺が2100ピクセル
  • 背景:白(画像の白抜きが必要)
  • 画像全体に占める商品の大きさは、85%以上必要

ポイント:1000ピクセル以上ある画像はズーム機能が使えるようになり
WEBサイト上で画像の上にマウスを移動すると拡大表示されるようになります。
基本は上記内容ですが、
サイズは、1000ピクセル以上の画像を利用して拡大表示ができるようにしましょう。

また、文字やロゴ、透かし画像などはメイン画像に利用することは禁止されています。
他の通販サイトでよくみられるような、キャッチコピーを入れた画像や
商品説明を記入した画像をメイン画像に利用することも禁止されています。

キャッチコピーや商品説明をいれた画像は効果的ですので、
2枚目以降のサブ画像として利用してください。
また、簡易OEMなどをしているセラーは
必ずロゴやタグなどOEMしていることがわかる画像も利用してください。

ロゴやタグ、オリジナルのパッケージなどがわかる写真がないと
たとえ商標を取得していても商品カタログで確認できない場合は
相乗り出品者を排除できない可能性もありますのでしっかり対応してください。

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

質問・コメントお待ちしています

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

渋谷イーウーパスポート中国輸入アドバイザー

投稿者プロフィール

中国輸入ビジネス歴3年。Amazon、楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、Qoo10、メルカリなど様々な販路で販売。
貿易実務や輸入雑貨卸、システム開発等の経験を活かして中国輸入ビジネスに取り組んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

こちらも読まれています

  1. ショップごとの損益計算

    いつも勉強させて頂き、ありがとうございます。 私はAmazon販売で月商130万円前後まで来ま…
  2. 商品のパッケージに注意

    中国輸入ビジネスにで必要な輸入の知識について 日本ではいろいろな輸入規制がありますが、規制の対…
  3. はじめての販売先はどこが良い

    中国輸入ビジネスをこれから始めようとする場合に、 どこで仕入て、どこで販売するか。 仕入につ…
  1. お世話になります。 リサーチをすればするほど何を扱えば良いのかが分からなくなります。 パッケ…
  2. 先日、Amazon.com のセラーセントラルの日本語対応について 書かせていただきましたが、すべ…
  3. 昨年の11月より中国輸入を実践し、 現在は月商70万円程です。 経費を差し引き月収で20万円にな…
  4. いつも勉強させて頂き、ありがとうございます。 私はAmazon販売で月商130万円前後まで来ま…
  5. 驚くほどの教科書、ありがとうございました。 さて質問なのですが、代行会社さんの儲けの大きな部分は、…
  6. 中国輸入ビジネスをしているセラーにはほとんど関係ないと思いますが、 アマゾンのマーケットプレイスで…
  7. インボイスについて質問です。 小口輸入としてのインボイスは ・Commercial Invo…
  8. こちらの記事を見ている方は なんらかの形で収入を増やしたいと考えていると思います。 収入を増…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る