アマゾンのFBA倉庫への納品で、受領時間を短縮る方法があるのを知っていますか?

アマゾンのFBA倉庫への納品で、受領時間を短縮る方法があるのを知っていますか?

アマゾンのFBA倉庫に商品を納品するときに、受領開始になってから
販売開始になるまで時間がかかると感じたことはありませんか。

特に荷物が集中する時期等は、頻繁に受領遅延が多ります。

しかし、少し工夫することで受領時間を短くすることが可能です。

 

FBAの納品登録作成で、最近入力項目が多くなったと思いませんか。
少し前に、箱ごとのサイズや重量を入力できるようになり、
最近では、各箱の中身まで入力できるようになっています。

 

これらの入力は必須ではありません。
では、どうして増えたのでしょうか。

アマゾンのFBA倉庫で受け入れの際に楽になることは間違いありません。

しかし、発送する側は面倒な作業が増えるだけです。

特に、中国から直接FBA倉庫へ発送しているセラーにとっては、
中国の代行業者やパートナーがきちんと箱ごとに管理して報告してくれるかも問題です。
ただ、この少し面倒な作業をすることのメリットもあるようです。

 

以前、アマゾンの本社で開催されたセミナーに参加したときに、担当者から聞いた話ですが、
受領プロセスに違いがあるとのことでした。

その時は、どの程度違いがあるのかわからなかったので今まで通り細かな報告はせずに発送していましが、
今月アマゾンが正式に「スピード受領」という方法を明確にしました。

通常の受領では、
着荷 ー> 受け入れ ー> 別の作業場所へ移動 ー> 箱の中身を確認 ー> 棚入れ(販売可能)
でしたが、
スピード受領では、
着荷 ー> 受け入れ(中身を確認することなく確認) ー> 棚入れ(販売可能)

となり、箱の中身がわかっているので、別の場所へ移動して確認することなく販売開始までの時間が
早くなるとのことです。

ただ、登録情報と実際の情報が違った場合にどのような処理になるか確認がとれていません。
今後、アマゾンへ確認してみようと思いますので明確な回答が得られましたらまた記事にさせていただきます。

いままで、受領まで時間がかかると感じていた方は、少し面倒でも箱毎の商品情報を入力して
スピード受領を試してみてください。

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

渋谷イーウーパスポート中国輸入アドバイザー

投稿者プロフィール

中国輸入ビジネス歴3年。Amazon、楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、Qoo10、メルカリなど様々な販路で販売。
貿易実務や輸入雑貨卸、システム開発等の経験を活かして中国輸入ビジネスに取り組んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. Amazonの長期在庫保管料について

    長期在庫保管手数料の案内が届いていると思います。 以下アマゾンからの引用です。 重要: 20…
  2. アマゾンのディスプレイ広告の終了

    カートボックスの下に、表示されている広告があります。 すべてのセラーが使えたわけではないので、利用…

ピックアップ記事

  1. お世話になります。 先日、中国の工場(商品のメーカー元?)とOEMの話を進めていたのですが、契…
  2. 佐藤さんの3月6日のFaceBookの記事で、面白い商品を発見、@19.2元 ロット 2000個 …
  3. いつも、お世話になっております。 今の売り上げは、やっと20万になったところですが、そろそろ冬…
  4. イーウー買付ツアーについてご質問されせていただきます。 アパレル系(服)の商材なのですがOEM…
  5. こちらの「Amazonのレビューを増やす効果的な方法」の内容につきまして、一つ質問があります。 …
  6. 中国輸入ビジネスを「ビジネス」としてとらえると、 国内のせどりと同じではありません。 せどり…
  7. このブログを見ている方は、 中国輸入ビジネスに関心があって中国輸入ビジネスの情報を探している人だと…
  8. アマゾンから、米国アマゾン販売のセミナーの案内がありましたが アマゾン開催の参加したことはあります…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る