アマゾン以外の販路はどこがよいか

中国輸入ビジネスで輸入した商品をどこで販売していますか。

アマゾンという方が多いと思いますが、競争が激しく価格競争になり
儲けが少ないので他の販路を検討中という方も多いかと思います。

アマゾン以外の販路として話題になったところとして
一度に大量に販売できるフラッシュマーケティングのクーポンサイトとして
ポンパレがありました。

ありましたと過去形なのは最近販売が中止されてしまいました。
販売者としては予約制で受注から販売まで時間があるので
その間に仕入れたりすることができて都合がよかったのですが
購入者としては良くなかったのかもしれません。

また、フリマサイトとしてメルカリがありますが
最近また規制が強化されたようです。
ツールを使って大量出品し登録と削除を繰り返して販売するような
手法が取れなくなりました。

メルカリ自体は相変わらず流通量が多いようですが、
事業者の出品が禁止となっているので販売には工夫が必要です。

やはり、アマゾンが一番売りやすいと思います。
相乗りは価格競争が激しく、送料設定などでうまく利益を上げるように
しないと、相乗り販売は厳しいでしょう。
今後は、オリジナル商品を作成して販売するのが主流になってくると思います。

では、アマゾン以外ではどこがよいか
ECモールとしては、アマゾン、楽天、ヤフーショッピングの3つが主流でしょう。

楽天は売れますが出店料などの固定費が多いので少し軌道に乗ってからでないと
厳しいかと思います。

アマゾンの次の販路としては、Yahooショッピングがお勧めです。
出店料や販売手数料が無料なのでとりあえず出品してみてはいかがでしょうか。

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

渋谷イーウーパスポート中国輸入アドバイザー

投稿者プロフィール

中国輸入ビジネス歴3年。Amazon、楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、Qoo10、メルカリなど様々な販路で販売。
貿易実務や輸入雑貨卸、システム開発等の経験を活かして中国輸入ビジネスに取り組んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. 商品リサーチの選定に「安全」を考えていますか

    中国輸入ビジネスでは中国で販売されている商品を日本で販売します。 中国と日本では安全基準などに…
  2. アマゾンの規約変更 せどり終了?

    またアマゾンで規約変更がありました。 今回の規約は、せどりを行っているセラーには厳しい変更です。 …

ピックアップ記事

  1. アマゾンのFBAマルチチャネルサービスはとても便利ですね。 楽天やヤフーショッピング等、他のモ…
  2. 輸入品の日本への輸入規制については何度か記事にしましたが、 意外と見落としがちな商品もあるので再度…
  3. メルカリが12月に大幅な仕様変更を行い、タイムラインに表示されない、検索されない といった状況にな…
  4. 中国輸入ビジネスの販売先としてメルカリがありますが、 今後、ビジネスとして販売していくにはますます…
  5. 現在アマゾンアカウントを複数運営しようと考えております。 1. まず、クレジットカード情報から住…
  6. いつもお世話になっております。 今回は貴社からAmazonFBA倉庫への商品発送について、質問…
  7. いつもお世話になっております。 教科書を読ませて頂いて、自分に抜けていた箇所を再確認しています。 …
  8. 初めまして。 4月から中国輸入に取り組み、なんとか売上を上げていけるようになりました。 タオ…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る