アマゾンFBA倉庫への納品コストを下げる方法

アマゾンのFBAは、販売に有利になり発送の手間を省力化できるので
利用している人も多いと思います。

FBA倉庫への発送は、どうしていますか。

配送会社と特約契約で低価格な条件で契約できる方は契約料金で発送できますが、
有利な契約料金で契約できない場合は、宅配便で送ることも多いと思います。

FBA倉庫への納品に大型の箱で送ることが多いと思うので
通常の宅配便で発送すると料金も高額になりがちです。

最近、アマゾンで、パートナーキャリアという仕組みが用意されたので
パートナーキャリアを利用することも多いかと思いますが、
パートナーキャリアサービスが利用できるFBA倉庫は、下記の倉庫に限られます。
対象フルフィルメントセンター
市川FC(NRT1)、八千代FC(NRT2)、多治見FC(NGO2)
小田原FC(FSZ1)、川越FC(NRT5)、川島FC(HND3)
堺FC(KIX1)、大東FC(KIX2)、鳥栖FC(HSG1)
パートナーキャリアサービスを利用する以外にも、宅配便の会社を利用して料金を下げる方法もあります。

多くの宅配便会社では、宅配便以外に大量の貨物を送る宅配便以外サービスが用意されていることも多いです。

代表的な例では、ヤマト運輸のヤマト便というサービスがあります。

佐川急便や、西濃運輸でも宅配便ではない貨物のサービスもあるようですが、
FBAへ納品できなかったりする場合もありますで
お勧めは、ヤマト運輸のヤマト便です。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/yamatobin/yamatobin.html

ヤマト運輸のWEBサイトには

宅急便の規格を超えるお荷物
宅急便の160サイズを超える大型のお荷物や
30万円を超える大切なお荷物に

と記載されていますが、実際には宅配便と同じように
160サイズ以下でも、30万円以下でも発送することができます。

ヤマト運輸の営業によっては利用できないといわれる場合もありますが、
ヤマト運輸のサービスセンターに問い合わせしてもらえれば利用できることがわかります。

サービスとしては、宅配便のように配達日が約束されていないということですが、
実際には同じような日数で届きます。

具体的な例としては千葉県内から神奈川県の小田原のFBA倉庫や埼玉県内のFBA倉庫
への納品でしたら早いときには翌日には納品されています。
遅くても翌々日くらいには届いています。

利用方法もヤマト運輸の宅急便と同じように、集荷に来てもらえます。
また、複数の箱での出荷になった場合でも、伝票は1枚で済みます。

ただし、ヤマト便の伝票は宅配便とは異なるヤマト便専用の伝票ですので
集荷を依頼するときに伝票も持ってきてもらいましょう。
あらかじめ、余分に伝票をもらっておくと事前に用意できるので楽になります。

実際の料金は
荷物の「総重量」とお届け先の「エリア」により決まります。
お荷物1つあたりの「重量」は、実重量を測った上で容積換算(下記参照)を行い、
「容積換算重量」と比較して重い方が「重量」となります。

【容積換算式】
縦(メートル)×横(メートル)×高さ(メートル)×280=容積換算重量(kg)

ヤマト便料金表
http://www.kuronekoyamato.co.jp/yamatobin/yamatobin_ryokin/index.html

料金表を見てもらうとわかりますが、量が増えるほど割安感があります。
ヤマト便は特別な契約も必要なく、誰でも利用できるサービスですので
利用してコストを下げましょう。
<参考リンク>

ヤマト便の詳細
http://www.kuronekoyamato.co.jp/yamatobin/yamatobin.html

ヤマト便の料金表
http://www.kuronekoyamato.co.jp/yamatobin/yamatobin_ryokin/index.html

FBAパートナーキャリア サービス
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/help.html/?itemID=201119120
FBAパートナーキャリア 料金表
https://s3.amazonaws.com/JP_AM/FBA_Annoucement/FBA_Partnered_Carrier_Pricelist.pdf

 

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

渋谷イーウーパスポート中国輸入アドバイザー

投稿者プロフィール

中国輸入ビジネス歴3年。Amazon、楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、Qoo10、メルカリなど様々な販路で販売。
貿易実務や輸入雑貨卸、システム開発等の経験を活かして中国輸入ビジネスに取り組んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. Amazonの長期在庫保管料について

    長期在庫保管手数料の案内が届いていると思います。 以下アマゾンからの引用です。 重要: 20…
  2. アマゾンのディスプレイ広告の終了

    カートボックスの下に、表示されている広告があります。 すべてのセラーが使えたわけではないので、利用…

ピックアップ記事

  1. EMSの料金についてお聞きしたいです。 1キロ辺り25元とありますが、例えば発注した商品の重さの合…
  2. いつも楽しく拝見させて頂いております。 オリジナルブランドの製品をアマゾンにて新規でのカタログ…
  3. カートボックスの下に、表示されている広告があります。 すべてのセラーが使えたわけではないので、利用…
  4. 中国輸入を始めて不安になるのが自分が選んだ商品が本当に売れるのか? いままで販売をしたことのない人…
  5. 「アマゾンアカウントを複数運営しようと考えておりますが」について Amazonの複数アカウント…
  6. 輸入品の日本への輸入規制については何度か記事にしましたが、 意外と見落としがちな商品もあるので再度…
  7. はじめまして 石坂と申します。 質問がありご連絡致しました。 中国輸入ビジネスを初めて2年…
  8. 中国輸入ビジネスをはじめるには、まず中国から商品を仕入れなければなりません。 いろいろな情報を…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る