テスト仕入れは1個ずつで多種類にした方がいいか

 

こちらの記事(3万円の仕入れ予算。私ならこれで112,000円に増やします)で、

例えば、こちらのニット帽子は1日数十個売れています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B004REA0PU

念のためアリババを見てみたら、
最小ロットがわずか「3個」で7.9元のものがありました。
http://detail.1688.com/offer/39932730381.html

私なら、20色×各10個ずつ、200個仕入れます。
単価が7.6元なら、7.6元x200=1,520元(27,360円/1元:18円計算)です。
1300円で売れば、アマゾン手数料等々の経費を引いて700円が入ってくるとして、560円の手取り利益。200個で112,000円です。

との回答をしていましたが、コレについて質問があります。

佐藤さんは「20色×各10個ずつ、200個仕入れます。」と仰ってましたが、なぜ10個なのでしょうか??

確かにこの商品↓↓↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B004REA0PU
であれば10個売れるかも知れませんが
この商品↓↓↓
http://detail.1688.com/offer/39932730381.html
はデザインが違うので10個売れる確証は無いと言えます。

いくら10個から7.9元→7.6元になったとしても
万が一売れなかった場合の不良在庫=リスクを考えた場合
少々高くても最初は仕入数が少ない方がいいのではないかとは個人的には思っていますが
佐藤さんはその辺はどのようにお考えでしょうか??

私でしたら同じ200個であれば「20色×各1個ずつ=20個」の商品を10種類扱った方がいいのではないかと思っています。

それについてのメリット・デメリットなどあればご教授頂ければと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

(ペンネーム:尋乃さん)

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

佐藤大介イーウーパスポート社長

投稿者プロフィール

1980年生まれ、埼玉県出身。
経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー、株式会社イーウーパスポート代表取締役。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. 商品リサーチの選定に「安全」を考えていますか

    中国輸入ビジネスでは中国で販売されている商品を日本で販売します。 中国と日本では安全基準などに…
  2. アマゾンの規約変更 せどり終了?

    またアマゾンで規約変更がありました。 今回の規約は、せどりを行っているセラーには厳しい変更です。 …

ピックアップ記事

  1. このブログを見ている方は、 中国輸入ビジネスに関心があって中国輸入ビジネスの情報を探している人だと…
  2. アマゾンから、米国アマゾン販売のセミナーの案内がありましたが アマゾン開催の参加したことはあります…
  3. お世話になります。 こちらの記事「インボイスに国際送料や買付・検品手数料は記載する(余計な税金…
  4. お世話になっております。アマゾン出品者登録について質問します。 当然、大口出品者登録をしようと思っ…
  5. 先日、Amazon.com のセラーセントラルの日本語対応について 書かせていただきましたが、すべ…
  6. スポンサープロダクトの活用法について教えて下さい。 スポンサープロダクトは今は一日1000円で…
  7. 教科書の内容とは少しズレてしまいますが、 このサイトでOCSのことが記載されていましたので質問です…
  8. お世話様になります。 ノーブランドでキャンパスバック33バリエーションを試販売しました。 ノーブ…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る