ネクストエンジンを使った在庫連動 CSV加工の必要性は?

いつもお世話になっております。
FBAを中心にしたマルチチャネル販売の際に在庫管理についてです。

FBAを使わない場合の受注管理、発送について」 で取りあげられていましたが、下記の1・2を行う手順を
もう少し詳しく説明していただくことは可能でしょうか?

ネクストエンジン・クロスモールの資料を見てみたのですが、
できることが多すぎて???となってしまいました。

>1.商品を倉庫に納品した時
>→在庫数量をAmazon上からCSVで取得、販売サイト上にアップロード。
Amazon上から取得したcsvをマクロで加工する必要はありますか?
それともネクストエンジンなどにアップするだけで処理できますか?

>2.受注処理(毎日の日常業務)
>→注文の決済状況確認後、発送内容をCSVで取得、セラーセントラルへCSVアップロード。
こちらも取得したcsvをマクロで加工する必要はありますか?
それともネクストエンジンなどにアップするだけで処理できますか?

(ペンネーム:TAさん)

今回のご相談は、Amazon以外の販路でも売るものの、出荷はFBAマルチチャンネルを使う場合に在庫連動サービスを使うケースですね。

まず1ですが、
在庫数量アップロード時は
商品コード(AmazonのSKUと同じ値にしておく)、数量の2項目のCSVファイルをアップロードします。

なので、Amazonから落としたCSVをそのままアップロードは出来ませんが、
CSVエディタを使って2列だけ残して、残りを削除すればOKです。

私はCassava Editor(フリーソフト)を使っています。

次に2ですが、

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

佐藤大介イーウーパスポート社長

投稿者プロフィール

1980年生まれ、埼玉県出身。
経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー、株式会社イーウーパスポート代表取締役。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. アマゾンの規約変更(セール価格の設定)

    またアマゾンでの規則が変わりました。 今回は、セール価格についての規制です。 セール価格の設…
  2. 商品のパッケージに注意

    中国輸入ビジネスにで必要な輸入の知識について 日本ではいろいろな輸入規制がありますが、規制の対…

ピックアップ記事

  1. スポンサープロダクトの活用法について教えて下さい。 スポンサープロダクトは今は一日1000円で…
  2. アマゾンのFBAは、販売に有利になり発送の手間を省力化できるので 利用している人も多いと思います。…
  3. いつも勉強させて頂き、ありがとうございます。 私はAmazon販売で月商130万円前後まで来ま…
  4. アマゾンの商品画像はどうされていますか? 2016年9月29日に、アマゾンから商品画像の基準を…
  5. 中国輸入ビジネスで、輸入した商品をどこで販売するかは 非常に重要です。 前回は、アマゾンが良…
  6. 輸入の際にかかるコストのお話ですが、 通常購買代行には、 「商品代金+手数料+国内送料+国際…
  7. 中級「第二講座」では、 ・オリジナル商品をアマゾンで売上を増やす方法 ・Amazon.comでの…
  8. お世話になっています。 会社の登記をただいましており、落ち着いたら現地ツアーに参加からのゴールド会…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る