在庫の保管場所はどこが良いか

最近、長期在庫保管手数料の課金対象の連絡があった方もいると思います。
このタイミングで在庫の保管場所について再度考えてみましょう。

OEM等を行うと、どうしても発注ロットが大きくなり
一時的に在庫をたくさん抱えることになります。

非常に売れ行きが良く、回転率が高ければ気にする必要はないと
思いますがそういう商品ばかりではないと思います。

大きいサイズのものは特に負担になります。
そこで、在庫をどこに保管するかを検討してみましょう。
専業で大きく事業をされている方は倉庫を借りてしまうのも
良いかもしれません。

しかしながら、副業で中国輸入をされている方にとっては
自宅かFBA倉庫かといった選択になる場合が多いです。

自宅に保管している方の話を聞くと、
国慶節や春節などの長期休みの前の大量発注後は
部屋が在庫であふれてしまう。

中国からの商品で、匂いが気になる。
など困っているような話も多く耳にします。

FBA倉庫や自宅以外では、コンテナ型の貸倉庫、レンタルスペースを
利用している人もいます。
しかしながら出荷作業などを考えると結構大変そうです。
中国で在庫の保管ができ、必要な数量を分割して
FBA倉庫に納品できたら便利だと思いませんか。

中国輸入の代行業者であるイーウーパスポートでは
会員向けに中国で在庫保管するスペースの貸し出しを行うサービスを
提供しています。

仕入れた商品を、借りた自分専用のスペースに保管しておき
必要な分だけをFBA倉庫へ納品することが可能です。

OEMなどで大量ロットを仕入れる場合には大変便利な
サービスだと思います。
OEM等を初めて発注ロットが大きくなると
在庫の保管場所や保管費用についておコスト、原価を
計算するときに考える必要がでてきます。
とくに、バッグ等比較的大きめの商品を扱っている人は
一度保管費用などを検討してみてください。

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

渋谷イーウーパスポート中国輸入アドバイザー

投稿者プロフィール

中国輸入ビジネス歴3年。Amazon、楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、Qoo10、メルカリなど様々な販路で販売。
貿易実務や輸入雑貨卸、システム開発等の経験を活かして中国輸入ビジネスに取り組んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. アマゾンの規約変更(セール価格の設定)

    またアマゾンでの規則が変わりました。 今回は、セール価格についての規制です。 セール価格の設…
  2. 商品のパッケージに注意

    中国輸入ビジネスにで必要な輸入の知識について 日本ではいろいろな輸入規制がありますが、規制の対…

ピックアップ記事

  1. アマゾンの規約が変更になりました。 Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドライ…
  2. 最近、長期在庫保管手数料の課金対象の連絡があった方もいると思います。 このタイミングで在庫の保管場…
  3. 先日は大阪セミナーを開催いただき、ありがとうございました。 とても参考になるところが多く、そして共…
  4. ネット販売するうえで、商品画像はとても重要です。 コストをかけられるなら専門家へ依頼したほうが…
  5. 2本目の動画では、 ・「何を仕入れるか」商品の選び方、 ・アリババ、タオバオでの探し方 につい…
  6. いつも本当に重要な情報を頂いており感謝しております。 さて、アカウント保持についてお伺いします。 …
  7. 輸入品の日本への輸入規制については何度か記事にしましたが、 意外と見落としがちな商品もあるので再度…
  8. いつもメールを頂き大変勉強になっております、ありがとうございます。 アマライザーの使用について…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る