新たなアマゾンのFBA納品手数料

soko

新たにアマゾンのFBA倉庫への納品の際の手数料がかかるようになりました。

といっても日本のAmazon.co.jpの話ではありません。
米国アマゾン、Amazon.com の話です。

多くの人には関係ないと思いますが、
米国でつくられた仕組みは、日本へ波及することも多いです。

今回の変更は、FBA納品時に複数の箱になるときに、

どの箱に、どの商品が、何個 入っているか

この情報を入力またはアップロードしないと手数料がかかるとの内容です。

1個あたり、0.1ドル程度ですが数量が多い場合は大変です。

 

日本では、情報を入力すると納品が早くなるといったメリットがありますが、
米国では、情報を入力しないと手数料がかかります。

今回は金額は比較的小さいためあまり影響はないかと思いますが、
今後、手数料金額が変更になるかも知れません。

また、米国アマゾンの話なので関係ないと考える人も多いかと思いますが、
納品するFBA倉庫の指定にかかる手数料などは、以前から米国アマゾンでは
発生していて、最近になって日本のアマゾンでも費用が発生するようになりました。

米国アマゾンの仕組みは、その他の国のアマゾンに波及することも多いので
今後日本でも、費用が発生するようになるかも知れません。

特にFBA倉庫への納品作業については代行会社やパートナーを利用している人が多いと
思うので、箱毎の納品情報などが得られる仕組みづくりを検討しておいた方が良いかもしれません。

アマゾンは集客力が大きく、FBA等の仕組みも整っていて販売しやすい販路ですが、
いろいろな手数料が新たに発生したり、販売ルールも変化します。
アマゾンで販売する以上避けられないことですが、アマゾンの規約やルールの変化に対して
対応できるようにしておきましょう。

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  


コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

渋谷イーウーパスポート中国輸入アドバイザー

投稿者プロフィール

中国輸入ビジネス歴3年。Amazon、楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、Qoo10、メルカリなど様々な販路で販売。
貿易実務や輸入雑貨卸、システム開発等の経験を活かして中国輸入ビジネスに取り組んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. tool

    商品画像サイズをまとめて変換できるツール

    ネット販売するうえで、商品画像はとても重要です。 コストをかけられるなら専門家へ依頼したほうが…
  2. tool

    背景画像の白抜きに便利なツール

    アマゾンの新規出品の際に、商品カタログのメイン画像は 背景が白抜きにしなければなりません。 …

ピックアップ記事

  1. tokei
    アマゾンのFBA倉庫への納品で、受領時間を短縮る方法があるのを知っていますか? アマゾンのFB…
  2. 300_IMG_7777
    お世話様になります。 ノーブランドでキャンパスバック33バリエーションを試販売しました。 ノーブ…
  3. sale
    新規ページを作成して出品しているセラーには影響があるのではないでしょうか。 参考価格を高めに設…
  4. d47c63f95588a9d671f1e1fd03215f41_s
    「Amazonアカウントを複数持つ」で、 >10個アカウントが欲しければ、会社を10社作れば…
  5. acf063ae0f3b3b4a3d6e9b148573ba44_s
    こちらの記事(3万円の仕入れ予算。私ならこれで112,000円に増やします)で、…
  6. 783a28ebdee2a6740febbdb7a7e00890_s
    こちらの「Amazonのレビューを増やす効果的な方法」の内容につきまして、一つ質問があります。 …
  7. huangyuan
    イーウー買付ツアーについてご質問されせていただきます。 アパレル系(服)の商材なのですがOEM…
  8. america
    以前から中国輸入ビジネスでの販路としてアメリカAmazonも提案してきましたが、 セラーセントラル…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る