月給7万円の現地社員(オフィス会員)ができること

オフィス会員について質問です。
このサービスを利用するには、まずゴールド会員になる必要がありますか?

現地社員の採用ですが、固定給ではなく成果報酬で募集することは可能でしょうか?

採用した社員は自分が教育をして自分がやってもらいたいことをやってもらうことは可能でしょうか?
例えは、市場や工場から商品をリサーチして買い付けをしたり、自ら日本で売れる商品をリサーチして提案して買い付けをしたり。

社員とはいえ、これはできないということがありますか?
お忙しいと思いますがよろしくお願い致します。

(ペンネーム:maezonoさん)

オフィス会員とは、こちらのことですね。

誰が・・・とは言えませんが、
中国輸入ビジネスで利益を上げている殆どの方に
ご利用いただいているサービスです。

ゴールド会員になってから移行するほうが引き継ぎなどの点でスムーズですが、
最初からオフィス会員でも構いません。

給料の件ですが、成果報酬も不可能ではありませんが、(我々経営者サイドにとって)確実に高く付きます。
月給7万円(3500元)の固定給にしておき、頑張ったらボーナス支給のほうがよいでしょう。

業務内容については、制約はありません。
>例えは、市場や工場から商品をリサーチして買い付けをしたり、
>自ら日本で売れる商品をリサーチして提案して買い付けをしたり。

これは、当然のように皆さんやっています。

1.Amazonやヤフオクでの売れ筋リサーチ
2.アリババ・タオバオでの商品リサーチ
3.両者で粗利70%(粗利額で600円)以上出るものをExcelで提出

といった感じですね。

タオバオでの販売や、滞留在庫のヤフオク出品、落札や入金連絡とFBAマルチチャネルへの出荷指示などもやっている方が多いですね。

「人に任せる」ことで、自由な時間が得られるわけですが、
外注業者だとその都度打ち合わせも必要で手間です。

しかし現地社員であれば、ある程度のマニュアルを作ったりして教育をすれば、
自分の右腕として動いてくれます。

しかも、日本で雇用するのに比べて3分の1の雇用コストで、
代行会社に支払っていた手数料もゼロになるわけです。
(当社は、会計管理費用や庶務として月額3,240円だけ頂いています)

私は、使わない手はないと思いますね。

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

佐藤大介イーウーパスポート社長

投稿者プロフィール

1980年生まれ、埼玉県出身。
経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー、株式会社イーウーパスポート代表取締役。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. 商品リサーチの選定に「安全」を考えていますか

    中国輸入ビジネスでは中国で販売されている商品を日本で販売します。 中国と日本では安全基準などに…
  2. アマゾンの規約変更 せどり終了?

    またアマゾンで規約変更がありました。 今回の規約は、せどりを行っているセラーには厳しい変更です。 …

ピックアップ記事

  1. 以前先生のメールにありました”PL保険”についてです。 気にはなっていたのですが、他の方に頭が行っ…
  2. 初めまして、非常にためになる教材、心よりお礼申し上げます。 私は、始めたばかりの初心者ですが、…
  3. 現在アマゾンアカウントを複数運営しようと考えております。 1. まず、クレジットカード情報から住…
  4. いつも教科書、メルマガともに拝読させていただいております。 中国でパートナーを持ちご活躍されている…
  5. 初めまして。 4月から中国輸入に取り組み、なんとか売上を上げていけるようになりました。 タオ…
  6. 中国輸入ビジネスをはじめるとどんどん売れる商品が出てきて 在庫を持つことも多くなってきます。 …
  7. イーウー買付ツアーについてご質問されせていただきます。 アパレル系(服)の商材なのですがOEM…
  8. Amazonで販売していて、長期休暇をとる対策はしていますか。 これから年末年始の時期になり長…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る