欧米輸入の経験はある。中国輸入では最初からOEMにチャレンジしてもいい?

私はこれまで欧米輸入を続けていたのですが、
2015年1月から中国輸入に切り替え、いまリサーチをすすめているところです。

中国輸入をはじめるにあたって、わたしは「最初から相乗り出品はしたくない。
ツールやデータを見て、ある程度、売れていると分かった商品は相乗り出品をせずに、いきなり最初からイーウーパスポートに依頼してロゴを入れてもらったり、
商品によっては独自パッケージも作ってもらったりして、自分でAmazonの独自ページを立ち上げて、ビジネスを進めていきたい。
その簡易OEMがある程度うまくいったら、次は完全なオリジナル商品を作っていきたい」と思って、スタートしました。

もちろん、独自の新規ページは最初、注目されない、売れにくいことは覚悟のうえです。

ところが、中国輸入ビジネスの実践者で毎月700万円以上売り上げている方と先日お会いして、お話をお聞きしたところ、
「最初からOEMとかオリジナルを考えず、まずは相乗り出品用に商品をたくさん仕入れて、検品も梱包も最初は人に任せず、
自宅で商品を受け取って、自分の手で商品を触って、裁縫状態や梱包状態などを自分の目で見て、中国商品とはどういうものか知った上で、
経験を重ねてから少しずつOEMをはじめるべきだ」とのアドバイスをいただきました。

これは確かにもっともなお話だと、そのときは納得しました。

しかし、わたしはどうしても相乗り出品に抵抗感があります。

この迷いが引っかかってモチベーションの妨げになっています。

私はすでに3年間の欧米輸入の経験があるので、Amazonの新規ページの立ち上げ方や
どこにコストがかかるのかという基本的なことは分かっています。

そのうえで佐藤さんにご助言をいただきたいと思います。

初心者の進め方に関して、佐藤さんは、どのような形が
理想的だと思いますでしょうか?

・イーウーパスポートの助けをお借りして、
最初からいきなりOEMを進めてもいいのでは、
「やってみなはれ」というお考えでしょうか?

・それとも、最初はやはり相乗りから経験を積み重ねるべきでは?
というお考えでしょうか?

アドバイスをいただければ幸いです。

(ペンネーム:なおとさん)

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

佐藤大介イーウーパスポート社長

投稿者プロフィール

1980年生まれ、埼玉県出身。
経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー、株式会社イーウーパスポート代表取締役。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. 商品リサーチの選定に「安全」を考えていますか

    中国輸入ビジネスでは中国で販売されている商品を日本で販売します。 中国と日本では安全基準などに…
  2. アマゾンの規約変更 せどり終了?

    またアマゾンで規約変更がありました。 今回の規約は、せどりを行っているセラーには厳しい変更です。 …

ピックアップ記事

  1. アマゾンやヤフーなどから、チャイルドシートについてメールは届いていませんか。 すでにニュースな…
  2. いつもお世話になっております。 教科書を読ませて頂いて、自分に抜けていた箇所を再確認しています。 …
  3. 「アリババ」や「タオパオ」 画像はどうすれば保存できますか? 加工ソフトにドラッグでコピー貼…
  4. いつも楽しく拝見させて頂いており、大変勉強になっております。 先日も「複数アカウントを持つ」と…
  5. アマゾンから、米国アマゾン販売のセミナーの案内がありましたが アマゾン開催の参加したことはあります…
  6. 現在アマゾンアカウントを複数運営しようと考えております。 1. まず、クレジットカード情報から住…
  7. お世話になります。 先日、中国の工場(商品のメーカー元?)とOEMの話を進めていたのですが、契…
  8. お世話になっております。アマゾン出品者登録について質問します。 当然、大口出品者登録をしようと思っ…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る