義烏(イーウー)での仕入れ、どのステージで始めるべきか。

私はまだOEM商品としてどういった商品がいいか検討していません。
イーウーパスポートでのツアーに今後参加しようと考えていますが、
どれぐらい検討してからイーウーに行ったら効率的でしょうか?

イーウーツアーはどのステージで取り組むべきでしょうか?

(ペンネーム:松崎さん)

これまで30回以上開催され、
数百名が参加された「義烏/イーウー買付ツアー」

参加者の方と話をしてみると、
中国輸入ビジネスの経験が1年以上の方が殆どです。

イーウーは「問屋街」ですが、
日本はもとより、ソウルやタイなどの問屋仕入れとは少し違います。

つまり電卓片手に
「10個、50個買うから安くして~」
というノリではありません。

こちらのPDF(無料)にもまとめてありますが、
基本的には工場ないし工場直結の問屋(エージェント)がサンプルを並べていて、
カスタマイズ・OEMを前提に商談するんですね。

例を挙げると、
日本でも1000円で売ってるような長財布があるとして、

  ↓
値段やカスタマイズ(仕様変更)を交渉して、

  ↓
3,000円、5,000円で売れるような商品を作る
・・・ということです。

既成品を安く買って転売するのではなく、
自社のオリジナル商品を作るのがイーウーです。

イーウーは「小ロット」で仕入れが出来るほうですが、
それでも100個、500個は当たり前の世界です。

よって、
・少なくとも月商100万円は超えている
・いい商品があれば50~100万円の仕入れもできる
こういう方が、イーウーをうまく活用できると思います。

もうひとつ具体的な例ですと、
良いデザインのトートバッグを見付け、
ブランドの革タグを付ける形でOEMして、
20元(輸入原価で約500円)で300個仕入れる=15万円

これを1個1,800円で販売し、
手取り利益800円=利益24万円

これは先日開催したセミナーで挙げた実例ですが、
この売上イメージを描けるのであれば、
ぜひ参加して下さいね。

イーウーパスポート主催のツアー詳細はこちらです。

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

質問・コメントお待ちしています

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

佐藤大介イーウーパスポート社長

投稿者プロフィール

1980年生まれ、埼玉県出身。
経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー、株式会社イーウーパスポート代表取締役。

この著者の最新の記事

関連記事

こちらも読まれています

  1. 中国輸入商品の販売プラットフォームについて再考

    最近、メルカリの仕様変更がありツールを使っている出品者からは メルカリは終わったともいわれています…
  2. 現地仕入れはいつ頃行けばいい?

    はじめまして。中国輸入に興味を持ち、教科書をダウンロードし、勉強させていただいております。 下…
  3. 日本に輸入できない商品についての再確認

    中国輸入ビジネスは、タオバオやアリババが普及したことによって ネット通販で物を買うようにだれもが簡…
  1. 中国輸入ビジネスは、タオバオやアリババが普及したことによって ネット通販で物を買うようにだれもが簡…
  2. 輸入品の日本への輸入規制については何度か記事にしましたが、 意外と見落としがちな商品もあるので再度…
  3. 2016年12月から衣類の洗濯表示が変更になります。 新しい選択表示マークをみましたか? …
  4. 前回に引き続き、メルカリでの販売について 中国から輸入した商品の販売先として メルカリが売れ…
  5. いつも楽しく拝見させて頂いております。 オリジナルブランドの製品をアマゾンにて新規でのカタログ…
  6. あるブランドの商品専門の代行業をやりたいと考えております。 「代行業」をやる場合には、なにか特別な…
  7. 中国輸入ビジネスの販売先としてメルカリがありますが、 今後、ビジネスとして販売していくにはますます…
  8. 中国輸入ビジネスをこれから始めようとする場合に、 どこで仕入て、どこで販売するか。 仕入につ…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る