義烏(イーウー)での仕入れ、どのステージで始めるべきか。

私はまだOEM商品としてどういった商品がいいか検討していません。
イーウーパスポートでのツアーに今後参加しようと考えていますが、
どれぐらい検討してからイーウーに行ったら効率的でしょうか?

イーウーツアーはどのステージで取り組むべきでしょうか?

(ペンネーム:松崎さん)

これまで30回以上開催され、
数百名が参加された「義烏/イーウー買付ツアー」

参加者の方と話をしてみると、
中国輸入ビジネスの経験が1年以上の方が殆どです。

イーウーは「問屋街」ですが、
日本はもとより、ソウルやタイなどの問屋仕入れとは少し違います。

つまり電卓片手に
「10個、50個買うから安くして~」
というノリではありません。

こちらのPDF(無料)にもまとめてありますが、
基本的には工場ないし工場直結の問屋(エージェント)がサンプルを並べていて、
カスタマイズ・OEMを前提に商談するんですね。

例を挙げると、
日本でも1000円で売ってるような長財布があるとして、

  ↓
値段やカスタマイズ(仕様変更)を交渉して、

  ↓
3,000円、5,000円で売れるような商品を作る
・・・ということです。

既成品を安く買って転売するのではなく、
自社のオリジナル商品を作るのがイーウーです。

イーウーは「小ロット」で仕入れが出来るほうですが、
それでも100個、500個は当たり前の世界です。

よって、
・少なくとも月商100万円は超えている
・いい商品があれば50~100万円の仕入れもできる
こういう方が、イーウーをうまく活用できると思います。

もうひとつ具体的な例ですと、
良いデザインのトートバッグを見付け、
ブランドの革タグを付ける形でOEMして、
20元(輸入原価で約500円)で300個仕入れる=15万円

これを1個1,800円で販売し、
手取り利益800円=利益24万円

これは先日開催したセミナーで挙げた実例ですが、
この売上イメージを描けるのであれば、
ぜひ参加して下さいね。

イーウーパスポート主催のツアー詳細はこちらです。

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

質問・コメントお待ちしています

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

佐藤大介イーウーパスポート社長

投稿者プロフィール

1980年生まれ、埼玉県出身。
経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー、株式会社イーウーパスポート代表取締役。

この著者の最新の記事

関連記事

こちらも読まれています

  1. 月給7万円の現地社員(オフィス会員)ができること

    オフィス会員について質問です。 このサービスを利用するには、まずゴールド会員になる必要がありますか…
  2. 中国ビジネスの魅力

    こちらの記事を見ている方は なんらかの形で収入を増やしたいと考えていると思います。 収入を増…
  3. FBAを使わない場合の受注管理、発送について

    質問なのですが、最近の質問のお答えで、販路の拡大、アマゾン以外というご回答が多いようにおもうのですが…
  1. いつも勉強させて頂き、ありがとうございます。 私はAmazon販売で月商130万円前後まで来ま…
  2. 輸入の際にかかるコストのお話ですが、 通常購買代行には、 「商品代金+手数料+国内送料+国際…
  3. 中級「第二講座」では、 ・オリジナル商品をアマゾンで売上を増やす方法 ・Amazon.comでの…
  4. 前回に引き続き、メルカリでの販売について 中国から輸入した商品の販売先として メルカリが売れ…
  5. アマゾンで販売していると、いろいろな登録や更新などの処理が必要ですが、 大量に販売していると面倒に…
  6. アマゾンへの出品で、既存カタログへの相乗り出品ではなく、 易OEMなどをして新規商品カタログを作成…
  7. メルカリは終わったのか 12月になって、メルカリで急にいいねが付かなくなった、 売れなくなっ…
  8. 初めまして。 4月から中国輸入に取り組み、なんとか売上を上げていけるようになりました。 タオ…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る