Amazon新規登録時、製品コード免除の許可申請(Amazon ブランド登録申請)をすべきか。

こんにちは、いつもお世話になっております。

Amazonの新規カタログ作成についてお聞かせください。

プライベートブランドを作成した際に商品コードがない商品については
「製品コード免除の許可申請・Amazon ブランド登録申請」
を行わうと思うのですが、その際に

「* 申請する商品の1例がわかるよう、現在掲載があるサイトの商品ページのリンクを入力してください。:
メーカーサイト、もしくは輸入商品等で他国のAmazonサイトで販売がある場合はそのリンクを入力のこと。
www.yourcompany.comの形式を使用してください。(ない場合は「なし」と入力。※ただし、審査に必要な情報が足りず、申請が却下となる場合がありますのであらかじめご了承ください。)」という記入の必須らんがあります。
注意書きの通りにURLを「なし」にすると情報が足らずに申請が却下される場合がる、と書かれています。

しかし、OEM化をしてロゴなどをいれてプライベートブランドとして登録する際には、現状としては、その商品を販売しているページはないわけですから、現在販売されている例となるURLは存在しないので、この申請を通りやすくするためには、ここの欄にはどのように記載するのが良いでしょうか?

また、調べていたら「JANコードを取得してから」という手法もありましたが、JANコードを取得してしまってからカタログを作る方が良いでしょうか?

しかし、もし
「製品コード免除の許可申請・Amazon ブランド登録申請」にて申請出来ればこちらの方法もやっていみたいと思っておます。

また、この申請に通った際なのですが、ネットなどに書かれている情報では、一度申請が通ると次回からは申請しないでもカタログを作ることが出来る、という事が書かれていました。
現在でも、一度申請を通すとカタログを作ることが可能なのでしょうか?

色々とお聞きしてしまい大変申し訳ございませんが、ご教授頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

(ペンネーム:takaさん)

メーカーサイト(公式サイト)はなくても、基本的には通りますので安心してください。

ただ、これを機に「ブランド公式サイト」を作るというのも、お勧めです。

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

佐藤大介イーウーパスポート社長

投稿者プロフィール

1980年生まれ、埼玉県出身。
経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー、株式会社イーウーパスポート代表取締役。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. 商品リサーチの選定に「安全」を考えていますか

    中国輸入ビジネスでは中国で販売されている商品を日本で販売します。 中国と日本では安全基準などに…
  2. アマゾンの規約変更 せどり終了?

    またアマゾンで規約変更がありました。 今回の規約は、せどりを行っているセラーには厳しい変更です。 …

ピックアップ記事

  1. 中国輸入ビジネスで、輸入した商品をどこで販売するかは 非常に重要です。 前回は、アマゾンが良…
  2. またアマゾンで規約変更がありました。 今回の規約は、せどりを行っているセラーには厳しい変更です。 …
  3. 初めまして。 教科書大変参考になりました。 ありがとうございます。 当方、アリエクスプレス…
  4. 最初のセミナー動画では、 ・講師の紹介(いままで販売してきた商品など) ・中国輸入ビジネスの仕組…
  5. アマゾンの新規出品の際に、商品カタログのメイン画像は 背景が白抜きにしなければなりません。 …
  6. メルカリでの販売をビジネスとして継続していくのは難しくなりました。 ツールの販売者には販売中止…
  7. こんにちは。 佐藤様は「中国輸入 年商1億円のつくりかた」に於いてQoo10での販売も書かれて…
  8. 2016年12月から衣類の洗濯表示が変更になります。 新しい選択表示マークをみましたか? …

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る