Amazon複数アカウントを持つ際、カードや銀行口座の名義はどうする?

アマゾンアカウントを複数運営しようと考えておりますが」について

Amazonの複数アカウントなんですが、会社を立てれば複数のアカウントを持つ事ができるというのは分かるのですが、カードの名義や銀行口座はどうされていますか?

カード自体は基本的に会社に属する個人名になると思うので、複数の会社を作成して名義が同じでも、カードの請求先住所が違えば問題ないのでしょうか?
物理的に違うカードを使われていたのでしょうか?

銀行口座においても、登記後間もない会社かつバーチャルオフィスなどを利用している場合、法人口座を作るのは難しい(楽天などはできそうな気もしますが)と思いますが、こちらも会社名義のものを作って複数アカウンをと所持されていたのでしょうか?

カード、口座に置いて別のものをとAmazonのカスタマーサポートの人に教えてはもらいましたが、別のカードなのか別名義なのかというところはあまりはっきりと答えたがらなかったので、佐藤さんが過去に複数運用していた際の状態など教えていただけると助かります。

長くなってしまいましたがよろしくお願いします。

(ペンネーム:TBKさん)

 

この点は何回か書いているのですが、
ものごとは、本質を考えることが大切です。

Amazonのルールは「1人(1法人)=1アカウント」です。

カードの名義、銀行口座の名義は同じでも構わないのです。

他のアカウントで使われているクレジットカード番号は登録できない仕組みになっているので、番号は違うものを使いましょう。
というわけで、私の場合は物理的に違うカードを使っていたということです。

銀行口座においても、登記後間もない会社かつバーチャルオフィスなどを利用している場合、
法人口座を作るのは難しい(楽天などはできそうな気もしますが)と思いますが、
こちらも会社名義のものを作って複数アカウンをと所持されていたのでしょうか?

楽天銀行は、他行口座がないとそもそも開設できません。
住信SBIネット銀行ならば、作れますね。

バーチャルオフィスを使うにしても、登記簿に載せるのは自宅や実際の事務所住所になると思います。
口座開設の場合は、登記簿住所でいいのです。
Amazonは、銀行に届けられている住所など見れません。

さて、私の場合ですが、

無料ユーザー登録をすると、続きをご覧いただけます。登録済みの方はログインしてください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

コメント・追加質問はこちら

件の投稿。あなたも気軽に書いてください。

佐藤大介イーウーパスポート社長

投稿者プロフィール

1980年生まれ、埼玉県出身。
経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー、株式会社イーウーパスポート代表取締役。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

  1. Amazonの長期在庫保管料について

    長期在庫保管手数料の案内が届いていると思います。 以下アマゾンからの引用です。 重要: 20…
  2. アマゾンのディスプレイ広告の終了

    カートボックスの下に、表示されている広告があります。 すべてのセラーが使えたわけではないので、利用…

ピックアップ記事

  1. アマゾンから、米国アマゾン販売のセミナーの案内がありましたが アマゾン開催の参加したことはあります…
  2. 中国輸入ビジネスでOEMや簡易OEMを進めていく中で、商品へのロゴの印刷や パッケージの印刷など、…
  3. アマゾンのFBAマルチチャネルサービスはとても便利ですね。 楽天やヤフーショッピング等、他のモ…
  4. アマゾンのFBAは、販売に有利になり発送の手間を省力化できるので 利用している人も多いと思います。…
  5. アマゾンで販売するにあたり、FBAの活用は大きなポイントです。 受注から発送、カスタマーサポー…
  6. 先日、Amazon.com のセラーセントラルの日本語対応について 書かせていただきましたが、すべ…
  7. 「Amazonアカウントを複数持つ」で、 >10個アカウントが欲しければ、会社を10社作れば…
  8. 『中国輸入ビジネスの教科書』大変為になる内容でした。ありがとうございます。 現状中国輸入アマゾ…

学生ログイン

ログインしていません。

公式出版物


中国輸入ビジネスの教科書【入門編】PDF版

→初心者の方が読みながら実践できるように構成した実用書。今なら無料。


中国輸入 年商1億円のつくりかた[Kindle版]

→オリジナル商品を大量に売る流れを学ぶ本。実体験を基にリアルに描きます。

輸入ビジネスがすらすらデキる本

→中国輸入ビジネスのステップを物語形式で分かりやすく描きます。

ページ上部へ戻る